ラテール(Latale)、ルーセントハート(Lucent Heart)のゲーム考察、市場転売考察などを中心に書いています。最近では、RPGツクールVXを用いてゲームを作成しています。

相互リンク者最新更新情報
Powered By 画RSS



スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ラテール]常連野良ptpv 

2009.10.10

昨日は1ch決闘前に座っていたら茶室ptpvで人員が欠けたらしくライオン丸さんから誘いがあって久々にそれなりの時間ptpvに参加しました。
SS取る習慣がないだけにSSないです・・・

ルールとしては以前私がやったイリス以外何でもありで順位1458、2367で分ける形です。

ptpvでの各傾向としては
私とアティ2人の合計3人が主に5次でまとめて一掃する機会を伺い、風皿2人、ガンスリ2人が削り、モンク1人が臨機応変に対応という形でした。後にアティ1人→天麩羅1人
舞は5次不遇にも関わらず半分5次逃げみたいな戦い方に近いあたり、現状プレイスタイルに合わない職になってしまったのかと思ったり………

風皿、ガンスリは遠距離だけあって5次に巻き込まれることを恐れず攻撃を出来るので、積極的に戦闘の場の中心にいることが多く5次性能とは裏腹にガンスリの順位は平均的にそこそこ上でした。

この速攻戦で互いに分かっていることなので、全員開始直後の5次を避けることは簡単と思うかもしれませんが、PCスペックの良い悪いで開始から数秒遅れる人が出てしまう初期位置がすぐに分かる海などでは比較的PCスペックが高いと思われるのが私とメイトスさんで、メイトスさんの5次を私以外全員当たってしまうということもありました。
これは避けるのが上手い、下手ではなくPCスペックの良し悪しで限界がある感じです。

5次優遇職である皿、アティは、舞視点からして5次の有無関係なしに比較的に苦手職に位置していて、5次優遇であるため増加傾向にあり5次の性能とは別に動きづらくなっている感じです。


私自身の課題として
・5次複数巻き込みが可能なマップと難しいマップを見極めて場合によっては単体確実を狙う
・5次以外では死亡数0を目標に
・5次スキル中はkbしにくくなるので魔系以外には空中落下5次だけではなく、敵陣に突っ込みながら5次を撃つパターンの用意
・5次以外での死亡数が勝敗に影響してくるため、瀕死の相手はPOTやアティの回復をされないように決闘バッグダッシュで相手との距離を縮めるのに用いたり、粘着したり、スロウで逃亡を妨害したりして確実に仕留める
・舞で続けるならあとレベルを3上げる
・無敵smgでは打ち上げで妨害されるが、復活直後の5秒間ならそれも無効になるのでその数秒を有効利用出来るのであれば最大限有効利用する
と、こんなところでしょうか。

また、ガンスリが活躍出来る背景としては5次速攻が主であるために補助を掛ける余裕がないということです。
5次が来たため装備の差が埋まりつつある反面、より上位を狙うならより上位の装備を用意する必要があるようです。舞であれば補助なしとて大抵kb取られませんがアティ、皿あたりが装備の質を上げる課題になりますね。

4人ptpvでの役割は以前書いたことと少々被りますが
・スロウ・プッシュで相手の妨害
・隙を見て5次
・死に掛け粘着
というところでやっています。

私以外の舞の人は結構ptpvでも正面衝突が多いのでプレイスタイルが違っていて参考にするのは難しいのです。
個人戦と違ってptpvはキルをとられること他の相手(ptpvでは敵ptだから1人)1位にキル数を稼がれることなので、キルを稼ぐ戦い方よりもキルを取られない戦い方っていう風にしているためですね。

個人戦では弱い相手に死に掛け取らせれば問題ないですし、自分でキルを取らなければ上位に上がれないのでダウンを減らすよりもキルを取ることを優先してますが、ptpvでは変わってくるわけです。
…といっても個人でも逃げ回ってるように見えそうですけどね。
スポンサーサイト

テーマ : トキメキファンタジー ラテール - ジャンル : オンラインゲーム

タグ : ラテール pv考察 マイスター

PVP個人4人戦 マイスター視点の考察2 

2009.07.26

今回は前回長くなりすぎて次回に先延ばしにした職ごとの考察を書いておきます。
あとは苦戦を強いられる常連に対するこちらの行動パターン(個人的に考えている対策)なんかも書いてみます。
特定の相手との戦いに関してはやっていくうちに戦闘スタイルも変わっていくと思うのでそこら辺はご理解ください。

とりあえず前回の記事の赤文字で書いておいた最低限の条件を満たせば1次職相手に苦戦することはないというかほとんど詰ませられますので考察対象外とします。
以下本題

ウォーロード(略称:魚)
・両手
オプションリフレッシュ実装以前はkb性能が低く常連相手でも詰ませられましたが、オプションリフレッシュ実装時にkb性能が上がった為以前なら余裕で勝っていた相手でも注意が必要です。
両手は比較的射程が長いのでpvに慣れた相手の場合回りこんで射程圏外の背後からkbを狙ってくることが多いです。
しかし基本的に正面からではある程度のHPがあればkb出来ないのでとにかく背後から攻撃されないようにだけ注意しておき一定ラインを超えるキャラスペックがあれば勝てることでしょう。
相性はpv装備のいい加減な者同士、pv装備の整えた者同士どちらでもマイスター優勢でしょう。
ただし、両手魚に関しては装備、レベル等でpv対策装備上位者といえる人が現状いない感じですのでそれらを整えてくる人が増えてきた場合はまた後で考えます。

・槍
ダメージの割にかなりkb性能があります。
正面から戦い続けるのはかなりの性能差がないと厳しいでしょう。ただし、HP14k近くあれば結構kb防げるようです。ただし、分散に弱いので密集したならば反撃に移しやすいです。
対個人考察対象としては天子さんです。
私と同様漁夫狙いに徹した戦い方をするので、常に注意を払う必要があります。
注意を払うべき点としては天子さんに自分自身が攻撃されることではなく、狙っている対象のKillを横取りされないようにする点です。狙っている対象を攻撃する際に画面端に追い詰め遠方から狙ってくる天子さんにKillを取られにくいような状況に対象を追い詰めるか自分自身もある程度対象のHPが減るまで様子を見ながら攻撃するという方向に出て行きます。あとはチートスキルで早急に対象を処理します。
かなりレベルの高い相手で攻撃力がレベルによって影響されやすい職ですのでキャラスペックが低い場合は詰むかもしれません。
相性としてはpv装備がいい加減な者同士であれば槍優勢、pv装備の整えた者同士であれば互角

ブレイダー
マイスターの被撃時のkb基準が高くkbしにくかった頃は詰ませられる対象でしたが、現在はそうでもありません。ブレイダーの得意とする無限kbはマイスター相手には滅多に出来ないので他職でプレイするときほど恐れる必要はありませんが、kbされれば3回くらいは普通に連続で切り付けられHP3500くらいはすぐに消えてしまいます。そのため後ろを取られないように注意を払う必要はあります。
しかし、攻撃が弱と強の2パターンしか存在せず射程が短いのでかなり強い相手であっても死にかけを取れずに3位、4位に転落している姿をよく見るので同程度の実力の人3人が相手であればブレイダーに自分の死にかけを取らせておくのもありです。
相性としては以前に比べれば苦戦しやすくなったとはいえ装備の差がひどくない限りマイスター優勢です。

テンプルナイト(略称:天麩羅)
・鈍器
基本的に鈍器自体pv弱職に該当し、硬い相手であっても隙だらけなのでファイアsmgを置いて適当に動き回ってればいいでしょう。

・片手剣
マイスターが特に苦戦する職(武器)です。
片手天麩羅使用者曰く射程の弱点を補うために上位者を粘着して順位を落とす戦い方をするという人もいます。そのため苦手職の片手天麩羅に粘着された場合としてはファイアsmgを置きながら逃げつつ他2人のHPに注意しつつチートスキルでKill数だけはしっかりもっていくといいでしょう。
互いにkbしない状態であった場合ガードダッシュ、打ち上げ性能のスキルがある分装備の差がよっぽどない限り片手天麩羅のが有利です。ただし、現状個人4人戦に出没する常連の片手天麩羅は1人だけでそう頻繁に姿を現すことがないのでそこまで怯える必要もありません。

モンク
天麩羅同様かなり苦手とする職です。
最近増加気味で厄介です。
相性としてpv装備がいい加減な者同士であれば優勢ですが、pv装備を整えた者同士であれば互いにkbできず打ち上げスキルが多彩なモンクのほうが優勢になってしまいます。
手慣れたモンクにはファイアsmgで削ることとバッグアタックできるときに少々攻撃を与えておく程度にしています。打ち上げ→打ち上げ性能ありのスキル→高火力スキルと削られる為とにかく恐ろしい敵になります。
モンクの弱点としては上で挙げた打ち上げコンボでは一定ダメージを削るまで結構時間がかかるため、こういう戦い方をしないと厳しいモンク側にとっては死にかけを横取りされる立場になりがちです。
そのため対モンク戦では低レベルやpv装備のいい加減な相手がその戦闘で増えるほどやりづらくなります。
個人対策考察対象としてはメイトスさんです。
現状個人4人戦で最も苦戦する相手で勝率5割程度
全員常連相手となれば攻撃対象をすぐに倒せるということはないので、勝てる見込みはありますが低レベル、pv装備のいい加減な相手が他2人である場合は詰み対象となります。
セイクリッドセット+4による硬さとpvに関しては新参とは思えないほど動きに慣れていて、私が漁夫に徹底している姿を見てかメイトスさんも私に死にかけを取られないように適当な相手の死にかけを取る感じであり相手によって色々対応を変えている印象でした。
それでも正面からまともに考えなく戦っていては勝てないのでとにかく漁夫に徹底した対応をしておくしかありません。
モンクの弱点である一撃の弱さを利用して死にかけそうな相手が殺される前に一撃ダメージの大きいミステルテインなどで処理していくのがオススメです。

ソーサラー(略称:皿)
全属性共通して言えることとして一撃のダメージが大きいため硬くても苦戦します。
しかしHPが低く硬直時間の長い職なので死にかけ狙いはしやすいです。
ブレイダーによる連続攻撃、ガンスリンガーからの攻撃が弱点であり、彼らが皿を狙うことを利用して漁夫を狙うのが最善でしょう。タイマンでは操作の上手く移動の高い人相手になると中々攻撃すら当てられません。
相性としてはpv装備がいい加減な者同士であれば皿のが圧倒的優勢(ただしガンスリに狙われて上位になれないことが多いでしょう)、pv装備を整えた者同士であれば風以外は皿優勢、風相手では皿がやや優勢といったところです。
ただし、皿の場合は装備よりも立ち回りの方が強さに直結しており、最低限のpv装備があれば操作次第でかなり苦しめられます。
・火
動作が遅いですが、見た目以上に縦に射程があり、ドリスステージなどの直線マップではジャンプしながら近づこうと思っても攻撃を当てられてしまい近づきにくいです。
個人考察対象としてはモムちゃんねるさん
それなりのガンスリがいれば結構足止めをしてくれることが多く盾を持たざるを得なくなりますが、そういう環境でない場合は武器をオーブにして戦う場合もあり、火力が恐ろしいことになります。
死にかけを狙うにしてもHPの低い相手に火の8次を撃たれると最大HP以上のダメージを与え一瞬で蒸発させてしまうためなかなか死にかけが狙えません。特に死にかけを狙っているわけではないようですが意識せずとも高い火力で蒸発させてしまうため場合によっては自ら即死しそうな敵の間に入りガードを行いダメージを分散させてしまうのもいいでしょう。
皿は乱戦のが得意ですがマイスターの小回りの利かなさと被撃判定の広さがネックとなり、動きに慣れているモムちゃんねるさん相手では皿の苦手とするタイマン状態の方が苦労します。
最近はあまり来ていないようですが、勝率は6~7割程度
・水
オプションリフレッシュ実装時に水のkb性能が減り足止めの脅威があまりなくなりました。
オプションリフレッシュ実装以後のバランスを基に考察できるような相手と当たってませんので省略します。
・地
前後射程のスキルが多くkb性能も悪くないのでpv装備のいい加減なマイスターであれば皿の中で最も苦戦する属性となるでしょう。しかし射程は中距離程度で逃げることは簡単です。
また、3次(7次)は非常に出が遅い為空中からでも攻撃発動するときには空中にいる対象を攻撃できず、4次(8次)では発動中他の相手は近づけないため攻める攻撃ではなく、守る攻撃として利用する人が多いせいか精神集中と合わせて攻撃する人はあまりいない様子で4次→8次もしくはその逆の順で連続して使われることが多いため一発目の使用時に空中からファイアを置いて置いたらガードをして攻撃が止むまで待機しやり過ごすのもいいでしょう。
職仕様上結構棒立ちになりやすいです。
・風
皿の中では一般的に最も強いとされてますが、マイスター視点で見れば最も戦いやすいです。
ある程度HPを上げておけば2次はまずkbしません。
分散を利用すれば4次、6次あたりもkbを防げて積極的に攻められます。
ただし、射程は長い為近づく前に攻撃され逃げられたり、篭って上からジャンプを通して近づけない上体にされると非常に苦戦します。
この対策としては攻撃の発動は早いものの1発目から2発目発動までの時間が4次(8次)以外それなりにかかるのでガードしながら1発目のスキル発動から次のスキル発動までに近づいていけます。
個人対策考察対象としてはのりひとさんです。
画面端に篭り後ろを取られないように工夫しているので皿の苦手とするガンスリとて半端なガンスリではあっさり返り討ちにされてます。基本的に近づかなければのりひとさんもあまり攻撃もしてきませんので無理だと思ったら近寄らずに別の相手だけ狙えば2位は狙えますが1位を取る場合射程とダメージの関係上互いにそれぞれ画面端に篭って戦おうとしたら総合的に負けるので積極的に攻めていくしかありません。
逃げられなければ精神集中を駆使してうまく戦ってもマイスターが有利になりますのでスロウで減速、画面端にいることが多いのでライキリ、あとはプッシュなど置くのがいいかもしれません。

アーティスト
個人戦では6、8人戦くらいになれば悪魔の演奏でかなり多くの相手を攻撃出来てしまうので上位になる場合が多いですが4人戦ではマイスターとの相性こそ悪いものの順位的に焦る必要はあまりありません。悪魔は基本的にKill数は取れないので同程度の相手3人であれば自分の死にかけを取らせる場合職ではアーティストを選ぶ機会が多いです。
水魔法はオプションリフレッシュ実装時にkb性能が弱体化しており、3次、4次はともかくその場凌ぎによく使われる1次、2次はHPが14kもあればkbしないのであまり気にする必要なし
問題は悪魔の演奏ですが、ドリスの窪みにいるときに使われるとそのほかの人がその演奏を妨害しない限り場合によっては抜けられなくなります。(ダッシュ攻撃が当たらない位置にいて、尚且つダッシュ攻撃でkbしない相手の場合のみ)
他のときであれば悪魔の演奏に対してはジャンプ→ファイアsmg→ガードでやりすごせば悪魔の演奏よりファイアsmgのほうが大きいダメージを与えてくれるので演奏を中断して次の行動に移ってくれる場合が多いです。
回復はタイマン以外の個人ではあまり影響ありません。

トレジャーハンター
石弓以外は基本的にpv弱職であり恐れる必要がほとんどないので考察対象から除外
さらに幸運ルートではレベルが低いとまともに戦えない印象です。
唯一戦えるのが石弓ですが、発動の遅いものの威力のある3,4,7,8次に注意しておけばガンスリと比較して小回りが利かないので簡単に近づけます。
毒ルート+ビントーを使われたときだけは相当の苦戦を強いられますがマイスターの硬さを利用して画面の中心近くでガードしながらやりすごせば減速をさせられてもスキルで死にかけを狙うチャンスがなくなることはないでしょう。
ただし、現状この2点に該当するトレハンと戦ったことがないので当たり次第考察対象として更新します。

ガンスリンガー
装備が悪ければ最も苦戦する職です。
前撃ちクリなしでkbするようであれば被撃判定広いためトレハン以上に鴨とされてしまうのでこうなったら間違いなく詰み対象です。
装備を徹底すれば前撃ちクリ、座り撃ちでもkbしなくなる上に打ち上げ→ノワールをされても連続kbされずに途中でガードしてやりすごせます。
プリリンさえ使われなければkb性能のないファイア以外ならどの攻撃でもkbさせられるので、とにかく攻撃は当てれば妨害はできます。そのため順位上位から引き吊り下ろしたい場合はスロウと合わせて粘着すれば結果が出やすいです。
遠距離職で盾もなく最も脆い職ではあるのでスロウによる減速の被害が特に大きくなり、スロウとて地形次第では逃げられますが死にかけを狙うためにその場所に行くための足かせになる上狙われやすい職なので近くに来た時に移動が遅いと他の人に潰されることも増えるかと思います。
しかし、挟み撃ちにされ身動きが取れなくなることはある上、最も射程が長く早いペースで攻撃をしてくるのでHPギリギリで逃げた相手の死にかけはよく取られてしまいます。
長い射程とそれなりに機動力を生かして逃げ撃ちされると大したことないような相手でも負けたり、かなりのtkmk度を取られてしまいますが安定して苦戦を強いられる相手というのは滅多にいないです。
ガンスリといえば常連も多いですが現在よくいる常連は攻める戦い方をする人が多く、そういう戦い方に対してはマイスターであれば戦いやすいので前回書いた戦い方を参考にしておいてHPを徹底して上げておけば詰むことはないと思います。
特に座りでkbを安定して取られないようであれば攻め型のガンスリ相手ならばかなりの勝率が期待できます。

マイスター
装備の差が極端にありkb出来る相手であればKMGを装備して適当に突いていればいいです。
kb出来ない相手であれば装備差関係なしにプッシュのタイミングによって攻撃の攻め合いに勝てるかどうかが変わってしまうので個人的にはこういう状況は好まずファイア置き逃げに走ってます。
装備差が圧倒的でない限りはダメージ発生源はファイアsmgとスキルのみに任せて基本的に放置してしまいましょう。
個人対策考察対象としては売僧他さん
タイマンは別として個人4人戦では私とほぼ同じような動きをしてきます。
そのため、とにかく先に死にかけを狙うということが重要です。
あとはいかに足止めされない(kbされない)かが重要ですのでとにかくキャラスペックで勝っておきましょう。他のマイスターから見た私に対する対策でも同じです。


最後に
今回数名の常連の名前を挙げてみましたがこの人は考察対象にしないの?って人もいるかと思いますが個人4人戦に来ない人、引退してしばらく立った人は省いてます。
また攻める戦いがほとんどで逃げ撃ちや漁夫狙いなど姑息な戦い方をしない(嫌う)人には普段行っている姑息な戦い方をすれば大抵は勝てるので省きました。
とにかく個人4人戦は姑息な戦い方をする人が勝てる仕組みです。

さすがに速攻やPOT連打とかまでは個人戦でするつもりはありませんが(相手がやれば私もやりますが)、勝利主義思考と倫理(この場合はマナー)重視思考のバランスをどこまで偏らせるかですね。ここは個人個人の判断ですね。



テーマ : トキメキファンタジー ラテール - ジャンル : オンラインゲーム

タグ : ラテール pv考察 マイスター

PVP個人4人戦 マイスター視点の考察1 

2009.07.25

今回はマイスターから見た個人4人戦における考察をします。
まず個人4人戦においてマイスターでそれなりに勝利を収めたい人の最低水準
ライキリの取得(スキルレベルは1でいい) HP12,5k↑ ファイアsmg6の取得
HPは言うまでもなくガンスリ対策です。またマイスターの場合基本HPが結構高いのでHPを上げておけばガンスリ以外相手でも結構kbを防げます。最低水準として12.5kとしましたが、これはオプションリフレッシュ、12pzl実装以前を参考にしているのでガリ銃の最大最小が飛躍的に増加した現在ではもう少し上げておいたほうがいいかもしれません。

武器はジャイアントMG(GMG)です。KightMG(KMG)に関してはGMGと比較したときに攻撃力は高いもののジャンプ攻撃よる縦射程が短く、一発一発の出がGMGよりも遅く簡単に逃げられてしまいます。
マイスター同士の戦闘以外はGMG一本でいいでしょう。(一応私自身PV向けKMGも持ってますがほとんど使ってません)
エンチャントは固有に命中あって、他職より基本命中は高いですがある程度は命中ないと回避重視の相手には当たらなくなります。また、無敵smgやファイアsmg9を取る場合などは命中を上げる固有スキルである上級マスタリやフォーカスを切らざるを得ません。
そのため武器は体力よりも命中を優先的につけます。(4OPつけられるならつけるに越したことはありませんが一般的な高ランク装備でも3OPです)

主に戦い方としては、弱→弱→弱→強で腕をグルグル回す攻撃は強力なのですがこの攻撃に持っていく前にかなり削られたり隙が大きいので逃げられることが多くこの攻撃を多様するような戦い方では装備が良くても勝てません。
近距離職同士ならいいように思えますが手馴れた相手であれば途中でガードしたり、隙ができている間に逃げて腕をグルグル回す攻撃発動前に背後に回って攻撃してきたり、射程外に移動しています。
そのため攻撃手段を基本はファイアsmgを散布していくことです。
一発一発のダメージは低く軽視する人が多く個人戦ではこれを巻いて戦闘開始をしようとしても攻撃手段として考えてすらいないのかファイアsmgによってHPが半分以上削られている人がいるのに私以外戦闘を始めようとしないことがよくあります。
しかし、蓄積ダメージは相当なもので人の集まりやすいところ(主に龍京の下中央など)では3人集まれば数秒ごとに合計800近くダメージを与えており(ファイアsmg9の場合)、馬鹿にならない数字になります。また、POT、龍京の?ボックスで回復を取らない限り瀕死になったとき逃げても意味がありませんが、よく瀕死になると逃げ回って戦おうとする人がいます。こういうときにファイアsmgが止めをさしてくれてKill数にも大きく貢献してくれます。

次に個人4では漁夫戦であるためいかにKill数を多く取るかが重要になります。
死にかけたら追い回してKill数を稼ぐのは当然として弱攻撃や強攻撃、ファイアsmgだけでは射程に問題があります。そこでチートスキル(CT1分ある強力なスキルの別称)の出番です。
CTが長い為フルに使おうとしてCTが戻り次第何も考えずにチートスキルを全弾撃つ人がよくいますが、手数をCTが戻るまで手数を減らしてしまい相手に攻めやすい環境を与えるだけですし、一気に使うのが基本となっている人であれば残り時間を見て判断したり、一発チートスキルを発動したら続けざまに使ってくるのが目に見えているので全弾放つまで適当にガードしてたらあっさり無駄撃ちになってくれることもよくあります。
このチートスキルがマイスターにとっては唯一の遠距離攻撃手段でKill数を稼ぐのに最適です。
そのため弱っている人間を見つけたら追い回して隙がほとんどないミステルテインで止めを刺しましょう。また龍京では一番下段からアッシュカノン、カエボルグ、ライキリを使った場合その上の段にも届くのでKill数稼ぎが非常にしやすいです。(下から2番目の段から3番目の段にもライキリ以外は届きます)ライキリはジャンプせず使う場合は場合によって1発しか当たらないこともあり不安定ですが、ジャンプした後に上から下降するライキリでは一発目からkbをとれればHPの低い相手であれば最大HPからHP0にしてしまう即死攻撃となりうる上にドリスステージの左右の窪みに篭っている相手のHPを一気に削ることが出来ます。また上から下降するライキリの場合はドリスステージの窪みの場合画面端に向かって攻撃するためバッグアタックとなることがほとんど2発目以降ほとんどガードを破壊できます。
また、ライキリは下降せずとも画面端近くから使っておけば画面端で攻撃しつづけほとんど加工ライキリと同等の効果を発揮します。

さらに弱攻撃なしで行う強攻撃も馬鹿にできません。
これは主に起き上がった直後に攻撃(起き攻め)するときに多様します。
また死にかけ狙いはチートスキルを書きましたが射程県内であれば強攻撃で十分です。
近くの相手、特にPVに慣れておらず到底逃げることができるとは思えない相手にまでチートスキルを使っていてはチートスキルをCTが戻らず手数が減ります。
そのため近距離で戦う際には強攻撃が主です。

最後に攻撃方法における動きとして弱攻撃ですが、これはkbできる相手とて敵の集まりやすいところでは有用ではありませんが一発目こそ遅いものの二発目以降は射程県内にはそれなりの速度で攻撃してくれます。画面端では逃げにくい上一旦kbしてしまうとバッグダッシュやガードを使わない限り抜けられなくなるので漁夫られてしまう敵の集まりやすい場所以外ではこれでじわじわと削っていくのもいいでしょう。

移動に関してはファイアsmgを散布しながら弱っている相手を見つけたらチートスキル、ファイアsmgがCT中で置けず敵が近くにいるときは弱攻撃や強攻撃で時間稼ぎしながら死にかける可能性のある敵がいるかどうか常に周囲をチェック
4人戦で参加者をABCDをしたときにAとBが1VS1状態、CとDが1VS1状態で私がマイスターであったとします。このときBと戦っている間にCかDが死亡する可能性が十分にあり、Kill数をCもしくはDにもっていかれることとなるため適当にBを攻撃したら途中で1VS1の戦闘を放棄してCとDの戦っている場所に向かい互いにHPの減ってるCとDに対してチートスキルを利用して一掃します。

職ごとに対する考察(主に被撃時の対応)も書こうと思いましたが長くなりすぎたので職ごとの考察は次回にしておきます。

追記:
敵から攻撃受けていながら反撃を狙う機会にはガードしながら相手の攻撃が止んでしまう隙にダッシュ攻撃で反撃します。
また自分自身が死に掛けた場合は順位を脅かされなさそうな相手にわざと殺されに行って、自分自身が一位の状態であれば2位以下の人間との差をつけます。これをやっておくことで結構戦績が安定します。



85種類もの面白くて可愛いドメインがたくさん!ロリポップサーバー★
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1HYGMZ+D9HNXU+348+61RIB

テーマ : トキメキファンタジー ラテール - ジャンル : オンラインゲーム

タグ : ラテール pv考察 マイスター

 | HOME | 

プロフィール

ゼレナ

Author:ゼレナ
ランキングへの参加をしています。
ラテール(LaTale)ブログランキング
ラテール・ブログ

ルーセントハートブログランキング
ルーセントハート・ブログ

ドラゴンクルセイドブログランキング
ドラゴンクルセイド・ブログ

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

日本ブログ村
にほんブログ村 ゲームブログ オンラインゲームへ
にほんブログ村

相互リンク歓迎 
リンクフリー








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最新記事
最新コメント
ユーザータグ

ラテール ルーセントハート 市場考察 転売考察 pv考察 ドラゴンクルセイド 運トレ ユーザー考察 グランドファンタジア ブログ考察 ドラゴンクエストⅨ RPGツクール アクセス解析 マイスター AngelicCrest(エンジェリッククレスト) くろねこONLINE ルーセント・ハート 狩場考察 配信クエスト CSS HTML モンスターファームラグーン くろネコオンライン 思想 

カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
バナー
banahell.jpg
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
2829位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテール
23位
アクセスランキングを見る>>
お知らせ
2013-2/7 ネガティブクロスファンタジーVer3を再配布しました。前PCが壊れてしまい、PCを買い換えた為、投稿作品のサポート終了及び、配布についてもデータの残っているネガティブクロスファンタジー及びおっぱいダイナマイトクエスト以外は配布終了となります。

2012-12/16 おっぱいダイナマイトクエストの再配布を行いました。

リンク
♪RPGツクール関連
★ラテール仲間
☆その他の方
無印ブログ記事と関連のあるサイト
 ■私自身の別ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。